「シンクのチームの一員になりたい」とフリーランスから転身し、入社。
在宅・時短勤務で、働きやすい環境に感謝しています。

S.HAYAKAWA

入社の経緯と前職や経歴

代表の中澤が最初に立ち上げたセールスプロモーションの会社へ新卒で入社したことが、中澤との出会いで、後のシンクとの出会いにもつながります。
キャリアとしては長く人事職をしていましたが、第2子の出産を機に保育園や通勤時間の問題があり、退職しました。
第二の社会人人生では新しいチャレンジをしたいと考えていたため、昔から好きでいつか生業にしたいと考えていた『書く・撮る』の道に進むと心に決めて、フリーランスのライターと、託児付企業のWEBライティングチームとのWワークをスタート。
その時に中澤にライターとして声をかけて頂き、6ヶ月ほど業務委託契約でお仕事した後に、「シンクのチームでもっと近いメンバーとして仕事をしたい!」という思いが募り、アルバイトとして入社することになりました。

今やっている業務と、現在の働き方

コンテンツのライティング業務がメインで、社内で使用する写真の撮影も担当しています。既存コンテンツのリライト作業や、お客様のSNS担当など、上司やディレクターにその時必要な指示を貰い、業務を行っています。
現在は、週3日の時短契約で在宅勤務をしており、月に数回の必要時にのみ本社へ出社をしています。
フリーランスで働いていた時は、隙間時間や子どもが寝た後の夜間で仕事を進めている事が多かったので、つい用事を挟みながら漫然と業務を進めてしまっていました。
しかし現在は、勤務時間の枠の中で集中して効率的に働く事ができていますし、そのぶん夜間を読書や勉強やリフレッシュに使える上に、休日を心置きなく満喫することができる。
安定した環境を整えて頂けていることにも感謝しています。

シンクにしかないもの、シンクでしか感じられない事

シンクに流れる独特な空気が好きです。よくあるベンチャーの「猛々しさ」ではなく「凛と張り詰めた仕事への情熱」を感じます。
私自身はその空気に触れることでいつも『頑張らなきゃ』ではなく『もっと頑張りたい』と背中を押してもらっています。
WEBマーケティングに関しては未経験で入社したため、メンバーには助けて貰う事ばかりですが、コンテンツにはWEBライティングの高い技術と知識とクオリティが必要だと日々感じます。
プレッシャーでもありますが、私自身の成長がチームの起爆剤となり会社の成長にもつながると信じることで、前に突き進むエネルギーへと変換しています。

今後こうなっていきたい

「早川がいればシンクのコンテンツは大丈夫」
そう言ってもらえるような、ライティングと写真のプロフェッショナルとして、必要不可欠な存在になりたいと考えています。
そのための課題は山ほどありますが、一つ一つを大切に前向きな気持ちでクリアしていきたいし、シンクでならできると信じています。
ライター・母・妻など複数の肩書きがありますが、仕事人である自分が自分らしくて好きですし、ずっと仕事人でいたいからこそ、どんな場所でも、何歳まででも仕事をしていけるスキルと専門性を一生をかけて身につけていたいですね。

未来の仲間に一言

仕事が好きな人にとって、好きな仕事ができることほど楽しい人生はないと思います。
未経験だから、女性だから、子どもがいるから、とやりたい事を諦めていたら、未来の自分に胸を張れない。
後悔したくないなら、まずは一歩を踏み出せば良いと思います。
私自身、好きな仕事に出会い、好きな会社に出会えて、いまシンクで仕事をしています。
決して「楽」ではないけれど、仕事が「楽しい」と思える機会と、刺激をもらえるメンバーに恵まれることは、幸運なことだと心から感じています。
本当かな?と思ったらぜひ会いにきてください。
また新たな出会いがあることを、心から楽しみにしています!