「お掃除しながらコードを書けること」が強み。
完璧主義で几帳面な性質を活かして仕組化プロジェクトを遂行しています。

前職と現在の仕事内容は?

前職はWEB 制作の会社で、今と同じくフロントエンドエンジニアのリーダーをしていました。
シンクでは、主にサイトのリニューアルとメンテナンス時のコーディング業務と並行して、仕組み化プロジェクトのリーダーを担当しています。
「お掃除しながらコードを書けること」「整理された明解なコードが書けること」が強みなのですが、他のメンバーに業務を引き継いだ際に「コードがキレイすぎて触るのが怖い!笑」と言われてしまったこともあるくらい、几帳面で真面目な性格だと思います。
人柄だけでなく、仕事のクオリティーも重要視するシンクにはマッチしているのではないかと感じています。

入社を決めた理由は?面接を受けた感想は?

求人サイトに「1 業種1 社制」と書いてあるのを見て「お客様と向き合うこと」を優先して考えている会社なのだろうと興味を持ちました。
上司の盧がもともと開発者であったことも、面接時に魅力的に感じたポイントでした。
実際に入社してからも、開発者の目線で、制作物の設計案や提案した改善案について深く理解してジャッジしてくれること、また、上司としても仕事のやり方を信頼して任せてくれることに仕事のしやすさ、安心感を覚えています。

シンクにしかないもの、シンクでしか感じられない事

印象的だったことは、中澤の一貫したポリシーです。
「お客様のために」ということを大前提として、自分の仕事にいかに付加価値をつけて世の中に貢献するかという事を常に考えていて、HP や求人サイトで書いてあることは本当に常日頃考えていることなのだなと入社してから驚きました。
会社全体としては、社内の体制やルールがしっかりと運用されているように感じます。
同じ規模のベンチャー企業では軽視されがちで、その結果、負荷が中間管理職や個人に偏ってしまうことが多い要素なので、シンクの良い組織風土であると思います。

今後こうなっていきたい

人生って、どうなっていくかわからない方が楽しいですよね。
こうなったらいいなと考えることで想像した通りにしかならないと思うので、将来の具体的なイメージはもたないタイプです。
これまでは、何より作ることが好きで、社会人になる前から趣味でHP制作を始め、独学でコーディングを学び、自然とこの仕事を選んでいました。
この先、創造し続けられるこの仕事でなら自信をもって対価をもらえる、貢献していけると感じています。

未来の仲間に一言

仕事の付加価値を生み出すことにプライドをもてる方、気持ちが前向きな方なら、シンクは合うと思います。
私自身、シンクに入社し、シンクで働く仲間と出会い、仕事を通して成⻑し続けられることに楽しみを見出しています。
厳しいときもありますがそれも経験で、自分が創り上げた制作物が形を成して誰かの役に立つことを見届けられる喜びは、モノづくりに本気で向き合ったことのご褒美です。
新たな仲間、歓迎します!