運用広告のスペシャリストになりたい。
シンクの実績と自分の知識を掛け合わせ、サービスを強化していくのがミッションです。

Blog Single

前職や経歴。シンクへの入社の決め手は?

運用広告の代理店で、広告運用担当者として働いていました。
今後のキャリアを考えた時に、WEBやSEOの運用にとどまらないマーケティングの経験を積んでいきたいと感じ、転職活動をしていく中でシンクに出会いました。
面接は中澤との1対1でしたが、スピード感と視野の広さに引き込まれました。
またシンクは「お客様のマーケティングパートナー」としてWEBを広い視点で考えおり、運用広告はお客様に収益を出してもらうための1つの手段である、という事に代理店との違いを感じました。自分も広く総合的な視点をもち、WEBのエキスパートとして経験を積んでいきたいと強く感じ入社を決めました。

今やっている業務と、得意な仕事

お客様に提供しているWEB広告の運用をメインに行っています。
運用をする中で、仕組み化・効率化を考えていくのも私の現在のミッションで、管理しやすい定量化の方法などを考えています。
得意な仕事は、アカウントを見てデータを抽出し、いかようなアクションを打つかと考える工程です。シンクが培ってきた実績と自分の知識を掛け合わせ、一元管理することで今後よりもっとサービスを強化していきたいと考えています。

シンクにしかないもの、シンクでしか感じられない事

知識の共有が活発に動いている会社だと感じます。
制作とマーケティングの距離が近いことで、一人ひとりが触れる情報の幅が広く、感度の高さが必要となります。そのため常に情報をキャッチアップしていよう・共有しようという空気があり、シンクは「個」でなく「組織」のイメージが強いです。
またお客様に対しては、距離が近く深く、対応もスピーディーで、目標達成に関して貪欲です。
私自身も広告運用というサービスから、お客様の望んでいる事を想像し解決に導く姿勢を整えていく事が必要だと感じています。
全てはマーケティングに関わっているからこそ感じられる、シンクのメンバーである特権なのだと思います。

今後こうなっていきたい

運用広告のスペシャリストとして運用広告を極めながら、マネージャーとしてチームを率いていく存在になりたいと思っています。
運用広告は今後、AIで自動化・均一化されていくと言われていますが、それでも「ぜひあなたに」と指名されるくらいのスペシャリストでありたい。そしてチームとして、個々での作業が多い職種でありながらも、チームだからこそ良くなっていける、意見の言い合える環境作りをしたいと考えています。

未来の仲間に一言

好きな仕事がはっきりとあるのであれば、自分の能力を拡張するチャンスです。
楽しいだけでなく大変な時もあるとは思うけれど、成長を感じられること、好きな仕事をできることは必ずいつか「楽しい」に結びつきます。
シンクで求められる事は多様ですし、スピード感も必要。
けれどその分スキルアップに直結します。
スキルアップできるゆえに楽しい、そう感じられるマインドをお持ちの方、ぜひシンクに飛び込んできてください!