「サイトを育てていく」マーケティング目線の経験が、新鮮で楽しい。
自分の可能性を広げることで、会社に貢献できる幅も広げていきたいです。

Blog Single

前職や経歴。シンクを知ったきっかけは?

前職はWEB制作会社で、フロントエンドエンジニアをしていました。
大学を出てから2年程、事務職をしていましたが、昔から趣味でHPを作っていたこともあり、WEBで力を伸ばしていきたいと職業訓練校へ通いました。
デザインとコーディングの両方を学び、まずはデザイナーとして入社しましたが、実務を経験する中でコーダーの方が自分には合っていると感じ、コーディングメインにシフトしていきました。
シンクは転職活動中に求人サイトで見つけ、業務内容が自分のスキルと合っていること、社内の雰囲気が柔らかくて仲が良さそうなところが良いなと感じ、応募しました。

今やっている業務と、仕事のやりがいは?

フロントエンドエンジニアは、デザイナーが設計したデザインを各ブラウザで動くように作りこんでいく、大工さんのような仕事です。
日々の主な業務としては、不具合を直すなどのメンテナンス業務を1日に数件対応しつつ、サイトのリニューアルや追加ページの作成などを作り進めています。
LPのコーディング作業が好きで、鮮やかで複雑なデザインをコーディングしていくのが楽しいです。
やりがいや達成感を感じる瞬間は、自分が打ち込んだコードが、ブラウザで思ったように動いている。それを見る事のできた時や、繰り返しの業務の中で効率化を見出せた時、長く取組んでいた問題が解決できた時ですね。

シンクにしかないもの、シンクでしか感じられない事

シンクはマーケティングの会社として「サイトを育てていく」ということが前提なので、1つのサイトに深く長く関わるという経験をできるのが新鮮で、楽しく感じています。
前職では作って納品したら終わりだったので、良いものを作ったつもりでもお客様に活用してもらえていない事や、そのことに何もアクションできない事に対し歯がゆさを感じていました。今は、お客様の反応に触れる機会もあるお陰で、作り甲斐を感じます。
また、相談のしやすい環境がシンクの良さだと日々感じています。
メンバーそれぞれがプロフェッショナルなので、悩んだり行き詰ったりした時に誰に聞いてもすぐに的確なアドバイスがもらえます。

今後こうなっていきたい

まずは仕事の中にある苦手分野をきちんと体系的に学び、土台を固めていきたいと思います。
トラブルがあったときに、土台がしっかりしていれば回り道をせずに根本的な解決が提案できるようになると思うからです。
土台を固め、より大きく自分の可能性を広げることで、会社に貢献できる幅も広げていきたいと思っています。
プライベートでは文章を書くのが好きで、オリジナル小説の自費出版をしたいという夢があります。話を考えてデザインして組み立てていく工程はエンジニアの仕事に通ずるものがあります。
いつか仕事としても、書くことを経験していけたらいいなと考えています。

未来の仲間に一言

シンクは少数精鋭なので、一人ひとりのスキルの上達が重要です。
役割が明確で、厳しさやプレッシャーもあるけれど、自分自身が自然と成長しようと思うようになれるくらい、やりがいを感じられる環境だと思います。
これから入る新しいメンバーにも、自分の得意な事をどんどん教えてほしいと思いますし、私もまだまだ勉強の途中なので色々なことを吸収していきたいと思います。
切磋琢磨しながら一緒に成長していきましょう。